スポンサーリンク

プールで美人先生と秘密の授業をした話【後編】

恋愛・男女

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今だけ見れるエロ人気ランキング!


「ん、あ、いい……」
僕はもう一度、先生のおしりをグッと引き寄せてみた。
「やん!……ダメッ」
美咲先生は、突然腰を小刻みに、カクカクカクと、速いペースで前後に振り始めた。
ときおり腰を左右にクネックネッ、と振ったり、こねるような動きもした。
(あれ?でも思ったほど気持ちよくないな)
美咲先生の身体の中は、温かくて、とても心地よかった。
僕は精神的な満足感でいっぱいだったが、すでに2回暴発済みのちん○は物足りなげだった。
それに、当時オナニーすら満足にできなかった僕は、ピスト ン運動などとても思いつかなかった。
ちょっと疲れていたちん○は、少し柔らかくなりかけていた。
(あれっ!?変な感じ……)
美咲先生の腰の動きが大きくなると、
柔らかくなりかけたちん○が、前後左右に大きく揺すぶられ、むちのようにしなった。
亀頭が膣の前壁・後壁を往復ビンタのようにたたく。
(うわっ!すごく気持ちいい!)
亀頭と裏筋あたりを何度も叩かれるように刺激され、くすぐったいような、ムズムズする快感の波が襲ってきた。
「あっ、あっ、すごい……、壊れちゃう!」
がぜん硬度を増したちん○は、美咲先生のGスポットをえぐるように責め立てていたのだ。
「あんっ!いっちゃう!いっちゃう!」
美咲先生は、切なげな声をもらした。
あのくすぐったいような、しびれるような快感の波が、ど んどん増して、亀頭からちん○全体を包み込んだ。
「先生!もう出そうです!」
「私もイク!、アッアッアッアッ……」
美咲先生の、腰の動きが一段とスピードを増した。
そのとき、亀頭、裏筋辺りに、今までと違うコリッとした物が当たってきた。
「当たってる、当たってる……」
美咲先生も、何かに亀頭が当たっているのを感じているようだった。
ちん○全体に、ブワーッと、それまで経験したことのない、快感の大津波がおそった。
ちん○がギュッと縮みこんだその瞬間、付け根付近がギュっと締め付けられ、直後にちん○全体に、搾り取られるような感覚が襲った。
ビュッ、、、ビュッビュッビュッビュッビュッビュッ……
「アッアッアッアッ……」
ちん○がドクドクビクビクと精を放つのに合わせるように、美咲先生の腰はビクビクビクっと前後にけいれんした。まさに、搾り取られる、という感覚だった。
気がつくと、僕たち二人は、汗びっしょりだった。
僕たちはつながったまま、ギュッと抱きしめ合って、キスをした。
「もう、修くん、すごいんだから!」
実は僕はほとんど動いておらず、すごかったのは先生のほうなのだが。
(絶対にしてはいけないこと)
そう思う気持ちが、かえって美咲先生を燃え上がらせてしまったのだろう。
(セックスって、こんなに気持ちいいものなのか……)
「先生、僕たち、溶け合いましたよね?」
「もう!知らない!」
美咲先生は、恥ずかしそうにはにかんだ。いつものえくぼが見えた。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました