スポンサーリンク

【※後悔※】罰ゲームでオタクの男の子に告白・・・男の子「あっ、ありがとうございます・・・よろしくお願いします」→次第に好きになり、友達に隠して付き合っていたが・・・

恋愛・男女

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今だけ見れるエロ人気ランキング!

罰ゲームで告白・・・・

私達はちょうど葉山くんとか三浦さんとかそんなところだった。私の学校に比企谷くんはいなかったけどね。私がアニメを好きになったのは千尋くんの影響。

それでは本題に入ります。

その日、私達はボーリングをして遊んでいたんだけど、そのときに一人の女の子が言ったんだ。

「ねぇ、一番スコア悪かった人に罰ゲーム作ろう」って。

そしてそれで負けたのが私。話し合った結果、罰ゲームの内容が
「誰かに罰ゲームで告白しよう」ってものに決まった。今思えば本当に幼いと思う。最低だ。

そして次の日、誰にしようかという話になって、男の子グループとも話したんだけどそこで罰ゲームの相手に選ばれたのが千尋くんだった。

男の子グループ曰く、「あいつは暗いし何も言わないから平気だよwww」とのこと。本当に最低だと思う。

そして一週間後の千尋くんが日直の日に、放課後の教室で作業をして残ってた千尋くんに告白しようってことになったんだ。

ついにその日が来て、私は千尋くんに「ずっと好きでした。付き合ってください。」って告白したの。当時は全然好きじゃなかったけど。

千尋くんは「え…?」って一瞬びっくりしたような表情をして、「あっ、ありがとうございます…よろしくお願いします」って、案外すんなりOKをもらった。

ここで皆が出てくるはずだったんだけど外で面白がってて結局来てくれず、それどころか「付き合えばいいじゃん面白いwww」とか言われて、付き合うことになりました。

夏休み少し前の話。

全然千尋くんとは話したことがなくて、ぎこちなかったけど一応恋人だったから色々話していくうちに、
彼は確かに明るいとは言えないけど暗いわけではなく、ただ物静かなだけで本当は面白い人だな、と思うようになっていってた。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました