スポンサーリンク

『ウルセーんだよ、若いなら立ってろ!』新幹線で他人の指定席に座るおじさん。⇨怒鳴るおじさんに女性が放った一言に称賛の声!

実話・体験談

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今だけ見れるエロ人気ランキング!

新幹線、平日でもかなりの人が利用されます。

とはいえ、平日であれば自由席でもある

程度座ることが出来るのですが、

休みや連休になると自由席に

座るのはなかなか難しいもの。

自由席に座れなかった場合、

諦めて立っているしかありません。

しかし、中にはとんでもない人がいるのです。

今回は某掲示板に寄せられた

『新幹線で指定席に座ろうとしたら、

知らないおっさんが座っていた』

というお話をご紹介します。

「自由席が満席だからこっちにきたんだよ」①

先月新幹線で東京に向かってたら、

指定席車両でひと騒ぎがあった。

途中で乗車してきた就活中らしき女の子が、

自分の斜め前の席で何度も切符と番号を確認してた。

どうも自分の席に関係ないオッサンが座ってるらしい。

女の子、遠慮がちにオッサンに言う。

「寛がれていらっしゃるところ、

大変申し訳ありません。

失礼ですが、

座席をお間違えではありませんか?」

オッサン答える。

「自由席が満席だからこっちにきたんだよ、ワリーか」

急に静かになった車両で、たぶんみんな悪いだろ!

退けよ!と思いながら二人の話聞いてた。

「そうですか。

でもそこは私が購入している席なので、

お席につかれることをご希望なら空席の

指定席券を購入なさってください」

「ウルセーんだよ、若いなら立ってろ!

こっちは仕事で疲れてんだよ!

だいたい後から乗ってきて何言ってんだ!

それとも俺の膝に乗るか?あ?」

お前が何言ってんだ。

といいかげん見かねて他の乗客が車掌呼ぼうとしたり、

俺も今こそ武勇伝を!

とオッサンに文句いおうと腰を浮かせかけたんだが…。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました