スポンサーリンク

両親の他界後、ニート兄(40)を置いて実家から逃げた。⇒10数年後、実家の様子を見に行ったら…。

実話・体験談

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今だけ見れるエロ人気ランキング!

両親の他界後、ニート兄(40)

を置いて実家から逃げた!

10数年後、実家の様子を

見に行ったらトンデモないことに…。

両親の他界後、ニート兄(40)を置いて実家から逃げた①

母がシんだ。

これで両親とも居なくなった。

葬儀では、兄がお飾りの喪主になった。

葬儀屋にいいように搾取されている兄に助言をしても、

「女が横から口挟むな」で終了。

兄は作法も何も知らず、私は恥ずかしい思いをしたが、

それもこれで最後。

「相続については全部放棄するから」と伝えると、

兄は嬉しさを噛みコロしながら、

「いや、そんな訳にもいけん。あの××(ガラクタ)とか

○○(土地。金にならん。税金かかるだけ)とか…」

「兄さんがお母さんを最期まで見たんだし、

私は受け取るべきじゃないから」と固辞したら、

「む、それもそうか」とご満悦。

兄はなーんもしてないんだから、「見てた」だけだけどね。

丸投げされた介護だったけど、必要なことはちゃんとしたし、

好きな食べ物もなるべく良い物を買ってきてあげた。

本当は旅行とかに連れて行ってあげたかったけれど、

兄にめちゃくちゃにされるから断念した。

もう母が長くないことは分かってたから、

私は介護の合間に着々と引っ越し準備。

あとは、とりあえず見つけた住み込みの仕事先まで、

バッグひとつで逃げるだけ。

ぱっと見では分からないように、

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました