スポンサーリンク

女『この人触りました』冤罪なのに連行された俺、ある一言を呟いた瞬間、警察と被害者女性が青ざめた。女『許して…』警察『それだけはご勘弁を…』

実話・体験談

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今だけ見れるエロ人気ランキング!

結果、俺の手からは

繊維片の欠片すら検出されず(これは後日分かった)。

女の服から

「指紋も男性の物と思われる皮膚片も皮脂も検出されなかった

(こっちはその場で分かった)」

ということで無罪放免。

しかし俺もいい加減頭に来てたんで

「手で触られたと言ってた女の服から、

脂も皮膚片も検出されないこと自体おかしいだろ」

と突っ込み。

ついでに

「その女、過去にも痴漢騒ぎ起こしてるんじゃないか?

ほとんどが示談だと思うが、警察に記録残ってるだろ」

と言ってやったら、女の顔が露骨に青ざめた。

結果、予想通り今年だけで4月末の時点で10回以上痴漢被害に遭い、

内7件を示談にしていたらしい。

「それだけで冤罪詐欺とは言えないだろうが、

お前ら無能が毎回俺みたいに繊維片検査や着衣検査をしてれば、

こんなことにならなかったよなぁ?」

と、警官に言ってやった。

最後に

「今回の件は県警の監察室に報告させてもらう。あとは知らん」

と言って会社に向かった。

後日、繊維片検査の結果、上記の通り俺は白だと判明。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました