スポンサーリンク

【盗難対策】傘を盗まれて困るので貼り紙を考えた結果⇒『斬新なアイデア』とネットで話題に!

Twitterネタ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今だけ見れるエロ人気ランキング!

傘を盗まれて困るので貼り紙を考えた結果…。

『斬新なアイデア』とネットで話題に!

雨の日、傘を盗まれると困惑する!

自分の傘を職場なり、学校や出先の傘立てに入れて取ろうとしたら、ご自分の傘が盗まれていることがありますよね。

自分の傘が盗まれると雨に濡れてしまうし、盗まれたことに腹立たしいという気持ちが収まりません。

そんな傘を盗まれることに対策を考えた方がいらっしゃいます。

傘の取っ手に貼り紙を付けることでした。

その1.「お前の傘では無い」

Twitterユーザーの(@cocco_zaurus)さんが投稿しています。

これは効果があるかも知れません。

お前のじゃないと書かれていれば、簡単には手が出せない感じがします!

漫画家の「ほるまりん」さんも、同じ事をツイートされています。

20年前から実行されているそうです。

効果があるとの体験談でした。

傘、盗られたくないので書いといた。

ほるまりんさんは、貼り紙でなく、マジックで「おまえのじゃない」と取っ手に書き込んでいます。

なかなか、恥ずかしくて実行できないかも知れませんです!

その3.「内務省警保局保安課」の傘…。

(@hanten_)さんは傘に「内務省警保局保安課」「首都圏治安警察機構警備部」とシールを貼り付けてツイートしていました。

警視庁などと実在する組織は、何かと問題になる可能性もありますから、架空の組織を使ったとのことでした。

ネットの声

・「こんな文字貼り付けたら恥ずかしすぎる!」

・「度胸がいるよ。このラベル用紙と一緒に歩くのは。」

・「対策として何かやらないと、傘を盗まれるのは困るモンな!」

・「内務省警保局保安課という組織名は、恐ろしげで効果ありそう。」

などの声が寄せられました。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました